どんな人が採用されやすいの?

nbvcfdyu

最近、看護師の転職先として人気を集めている乳児院では、
他の施設とは採用されやすい人物像が違います。

乳児院では、看護師だけではなく多くの職種が働いているんです。
事務員・栄養士・保育士など、様々な職種の募集がありますので、
一つの職種に対しての募集は、あまり多くは無いんですね。

 

ですので、その少ない求人の中で採用されるために、
いくつか知っておきたいポイントがあるんです!

まず、注目すべき点は、
どのような資格を持っていると採用に有利となるのか、という事です。

 

先ほどご説明した通り、様々な職種が募集される施設ですので、
その職種のいくつかをこなす事が出来るという人材はとても重宝されるんです。

栄養士や保育士、事務員、心理カウンセラー
といったような資格を所持していると、目にとまりやすくなりますよ。

 

看護師の資格しか無いという人は、今からでも勉強し、
いくつか資格を取得しておくことをお勧めします

比較的とりやすい資格もありますし、
持っているのと持っていないのでは大きく違ってきますよ。

 

そして、こどもと接する機会が多くなる職場ですので、
こどもと触れ合うのが好きという人に向いています。

ただ単に健康面だけを見るのではなく、
しっかりとコミュニケーションをとることが出来る看護師が求められています。

 

 

乳児院の採用で求められること

mfwsuirt

看護師の転職先というのは、とてもたくさんありますよね。
その中で注目を集めているのが、乳児院なんです。

求人も希少というわけではありませんし、需要も高まっているため、
これから転職先を探そうという看護師は見ておきたいところでもあります。

 

気になる採用状況については、他の施設とは少し異なっています。
というのも、まず乳児院で求められるスキルが、他とは違っているからなんですね。

乳児院で生活しているこどもは、
ほとんどが0歳児や1歳児のこども達となります。

 

そのような年齢のこども達は、少しのことで体調不良となりやすく、
いつ緊急の処置が必要となるのか分かりませんよね。

ですので、そのような場合の対処能力というものが重視されることになります。

 

自分自身がどの程度対応力があるのかという事はもちろんですが、
医師や病院と連携をとりながら対処できるのかという点も重要となります。

ですので、ある程度臨床経験があり、
緊急の際にもしっかりと対応していける看護師が求められているんですね。

 

そして、他の職種の資格を所持していると、有利となることがあります
このような施設では、事務的な仕事や保育士のような仕事も行っていく事があるんです。

ですので、そういった職種の資格を持っているということであれば、
とても重宝され優遇されることが多いんですよ。

 

 

基本給や手当はどのくらいもらえる?

nfjuwe

看護師が活躍できる場はとても広く、病院だけではなく、
介護施設や幼稚園、乳児院などでも求人がありますよね。

もし、こどもが好きという看護師であれば、
小児科だけではなく乳児院で働くというのも選択肢の一つとなります。

 

乳児院は、生まれてから1歳未満の乳児を
養育していくことを目的としている施設です。

この施設には、保育士・児童指導員・医師といったスタッフが配置されています。

 

気になる給料は、基本給として
17万円~20万円程度というのが平均的となっています。

この基本給に、特殊業務手当が約3万円程度支給されることになります。
この特殊業務手当というのは、危険な仕事に従事した人に支給される手当なんですね。

 

職場によっては、調整手当が付く場合もあります。
そうなると、さらに2万円程度が給料にプラスされるんですね。

賞与は年2回で給料の4ヶ月分というのが相場となっています。

 

パートの場合、時給制となりますので、
時給が約1,500円前後という高時給となっています。

また、正職員よりは少なくなりますが、
パートであっても賞与が出る職場もありますよ。

 

 

乳児院の看護師はお給料が良い?

nhbgvfcg

乳児院の看護師として働くならば、
コミュニケーション能力やカウンセリング力などが求められる事になります。

というのも、乳児院にて生活しているこども達は、
悲しい経験を経ていることが多いからなんですね。

 

・両親に虐待されて引き取られた
・ネグレクト
・両親が亡くなり引き取り手が居ない

というような理由があって、そのようなこども達が乳児院で生活しています。
そんな乳児院では、より高いカウンセリング能力が必要なんですね。

 

では、給料はどうなのでしょう。
実は、一般企業に勤務している同年代よりは、高い給料をもらうことになるんです。

では、高い給料をもらうことが出来る理由は何なのでしょうか。

 

こども達の中には、しつけがしっかりとされていないこどもや、
虐待などで大人には心を開かないこどもなど、
臨床心理士でなくては対応できないことも十分有り得ますよね。

検温や採血といった看護師として当然とも言える業務は、
総合病院でも同じですので、
そのような業務などが理由となっているわけではなさそうです。

 

看護師の給料は、勤続年数が長くなれば昇給していきますし、
資格などが業務上役に立つとなれば、特別手当が支給されることになります。
年収でみてみると、新人であれば300万円程度ですよね。

これは手当などが含まれている給料となりますので、
実際にはもう少し少ないかもしれません。

 

こどもが対象となるから給料が高いということではなく、
シフト以外でどれだけ仕事をしたかという部分が大きいんですね。

 

 

乳児院の求人は○○で探すべし!

nfhuegt

求人というと、ハローワークで探したり、
求人情報誌や広告などで探したり、インターネットで探したり、
そのような方法をとる人が多いと思います。

このように、多くの人の目にとまる求人は公開求人と言います。
誰でも求人を見ることが出来たり探す事が出来るという求人のことです。

 

一方で、一部の人にしか公開されず、
求人側の条件に合った人やその条件で検索している人にしか公開しない
という求人を、非公開求人と言います。

非公開求人というのは、実際に一部の人にしか公開されないんですね。
人気の求人などを公開してしまうと、応募者が殺到し大混乱を招く可能性があります。
それを防ぐために非公開とされているんですよ。

 

最近では、人気がある求人であれば、
そのような非公開求人として出されている事がとても多くなっています。

看護師が乳児院に就職するためには、
乳児院の非公開求人を探すという方法がお勧めです。
その肝心の非公開求人の情報はどこで探したらいいのでしょう。

 

看護師の場合、看護師専門の転職サイトや求人サイトを利用すると、
非公開求人をチェックすることが出来ますよ!

転職サイトに登録したら、
担当の方に乳児院で働きたいという事を相談してみてくださいね。

 

自分の条件に合う乳児院の求人情報があった場合、
担当の方が紹介してくれます。

 

 

乳児院の求人って希少なの?!

tyrdfcghj

乳児院がどこにあるのかという事はご存知ですか?
乳児院の看護師を希望するのであれば、
乳児院がどこにあるのかについて知っておかなくてはなりません。

日本全国には2012年10月1日の時点で、130件程度の乳児院があります
ですが、都道府県単位に1件しかないという事もあるんですね。
地方よりは都市部の方が乳児院が多いという特徴があります。

 

就職する前には、乳児院が自分が通勤することが出来る
範囲内にあるのかどうか、しっかりと確認しておく必要がありますよね。

乳児院に勤務できるならば、引越しをしてもいいという事であれば、
この点はあまり気にする必要はなさそうです。

 

問題となるのは、乳児院での看護師求人があるのかどうか、
という点ですよね。

もともと乳児院自体が130件という少ない件数ですので、
求人があるかどうかがかなり問題となります。

 

ネット上で、乳児院の看護師求人を探してみると、
約30件程度の求人情報がヒットします。

求人が全く無いという状態ではありませんが、
日本全国で30件となると、かなり希少な求人とも言えますよね。

 

ですが、この数字はあくまでも、一般的に公開されている求人数です。
乳児院の看護師の求人は人気があるために、求人を出すと応募者が殺到し、
乳児院側が対応で精一杯となってしまうんです。

ですので、求人を一般に広く公開するのではなく、
限られた人にのみ公開するという「非公開求人」として出されていることがあるんですよ。

 

 

実際の求人にある給料と、給料の基準

huygtfghjk

神奈川県横浜市にある乳児院で正看護師の正職員求人がありました。
こちらの求人情報を見てみましょう。

応募資格があり、臨床経験1年以上となっています。
勤務時間は朝8時半から夕方4時半で、夜勤・早番・遅番があります。

 

こちらの給料は、専門・短大卒の正看護師で約210,000円となり、
四大卒の正看護師で約220,000円となります。
この給料には、社宅や調整、特殊業務手当などが含まれています。

賞与は年に3回、4.4ヶ月分程度が支給されますので、
年収でみてみると、約350万円程度となります。

 

一般的な乳児院の看護師の給料よりも、多少低めに感じますよね。
ですが、各種手当などを加算していくと、400万円程度の年収となりそうです。

乳児院は児童福祉施設であり、法律に基づいて設置されています。
児童福祉施設の場合には、私立の乳児院であっても
地方公務員に準じる給料体系となっていることも多くあるんですね。

 

ですので、地方自治体の人事委員会から給料について勧告が行われることがあります。
ということは、給料については都道府県などに設置されている
人事委員会の勧告によって決定されている場合があるという事です。

ただ、このような場合には、勤続年数が長くなれば、
昇給も順調となることが多いんですよ。
そういった意味では、病棟看護師と似ているとも言えますよね。

 

 

気になる乳児院の看護師の年収は?

nmfisuht

最近では、乳児院にて看護師として働きたい
という看護師も増えています。

乳児院は病院ではなく、基本的には健康な乳幼児のお世話がメインとなり、
乳幼児の疾病予防を行うのが仕事となります。

 

愛情をもって乳児院に入所している0歳児から2歳児くらいまでの
乳幼児のお世話を担当します。
その看護師の年収は、大体430万円前後となることが多くなっています。

乳児院の場合には夜勤などもある勤務ですので、
土日も関係なくシフトが組まれるという事もあります。

 

夜勤のある病棟勤務と比べると、この年収は、
少し低いと感じてしまう看護師も多いかもしれません。

乳児院というのは、医療現場ではなく福祉の分野なんです。
ですので、看護師の仕事も医療行為を積極的に行うというよりも、
家庭の母親のような存在となっています。

 

もちろんですが家庭とは異なり、乳児院はそれぞれ専門職の職員が配置され、
手分けしてこども達のお世話を行っていきます。

看護師は特にこども達の予防医療を行い、
健康管理を担当することになります。

 

その中で、看護師だけが高い給料となることはありません
福祉の現場というのは、医療の現場よりも給料自体が低くなってしまう
という特徴があるんです。

 

 

乳児院への転職で見落としがちなポイント総まとめ

緊急時の対処能力が重要

olbdte
看護師として乳児院に転職をする際、
求められるスキルというのは他の職場とは
多少変わってきます。

それは、他とは少し違った仕事も
色々やらなければならないからです。

http://kanshoku.info/
 

医療系のスキルで言えば、緊急時の判断能力や
対処能力がとても求められる傾向にあります。

この施設で預かっている子供というのは、
殆どが0歳から1歳程の乳幼児です。

 

このくらいの歳の子供というのは、
気温などの環境変化に敏感で、
ちょっとした事で体調を崩してしまう事が多いです。

そういった場合にすぐに対処できる能力はもちろん、
近くの病院や医師などと連携も必要になってくるので、
色々と瞬時に判断しなければならない事も多い
です。

 

子供を楽しませるスキル?

後は保育士のスキルなどもあると、
とても重宝されるため転職もしやすくなります。

緊急の自体がない時には、保育士と一緒になって
子供をあやしたり、一緒に遊んだりする場合もあるので
コミュニケーションを取る必要も多々出てきます。

 

ただ治療をすれば良いというだけではなく、
子供を楽しませたり安心させたりする術も必要
になります。

このように、医療系のスキル以外にも
子供に関するスキルを持っていると、
とても有利に働くのでそういった資格などを
とっておけば新しい職場も見つけやすくなります。

 

施設住所は確認必須

iuebcn
看護師としての転職は病院や
クリニックばかりではありません。

高齢化社会に伴って介護施設も増えておりますが、
女性の社会進出に伴って幼稚園や保育園と
職場の広がりが増しています。

 

そのような背景の中で、子どもの好きな人に
乳児院があります。

病院やクリニックにある
小児科とは又違った施設です。

 

日本に乳児院は120前後と少ないので、
病院の求人のように多くはありません。

そのために、転職を考える場合は
良く調べる必要がありますし、
求人に有利な条件を身につけておくことです。

 

特に、職場が少ないため
施設住所を確認することが重要
になります。

 

勤務シフトの状況がポイント

この施設は、文字通り生まれてすぐから
1歳未満の乳児を養育する施設なのです。

したがって、病院ではありませんが1歳未満なので
ナース・保育士・児童指導員と嘱託ドクターが
法律で配置義務が定められております。

 

この中で、ナースの最低基準人数が
乳児の定員10名以上で2名以上、乳児が
10人を増すごとに1人以上を配置する必要があります。
10人以下の場合は1名以上です。

したがって、施設が乳幼児を預かることができる
キャパスティを確認することと、
運営についてはシフト制が何交代で行われているかが
ポイント
になります。